良いこと尽くしの太陽光発電

太陽光発電を屋根につけたい人に - 設置する屋根の耐久度とソーラーパネルの重量

設置する屋根の耐久度とソーラーパネルの重量

太陽光電ソーラーシステムを導入しようと考えた時に、あまりそれに関する知識がないとしても、ソーラーパネルを屋根に乗せるという事くらいは知っていると思いますが、では、屋根にかかる負担はどれくらいなのか?と気になると思います。そして、ソーラーパネルの重さは各メーカーによって勿論違いはあって、1kwあたりの重さは60キログラムから100キログラムです。
ソーラーパネルを屋根に固定する方法は、直接パネルを置くのではありません。
パネルと屋根板の隙間にビスで固定した上で、枠を作って、パネルをはめていくという仕組みになっているので、基本、パネルの重さは屋根へ偏りのないように設置されています。
でも、パネル重さに対し、屋根は一体どれくらいの耐久性があるのでしょうか?
例えば100キログラムを1平米で割り出すと10センチメートル×10センチメートルで1キログラムになるのですが、現地調査の時点で、屋根のチェックは済んでいるので、耐久性には問題はありません。
そして、特に瓦屋根は一番安全性が高いといわれていますが、瓦が風雨雪などで薄くなってしまっている場合は設置の際に割れてしまいがちなので難しいと言われ、他にも、カラーベスト、パミールなどのスレート瓦(水漏れ対策が困難)、ホームステッドなどのセメント瓦(強固に組まれている為作業が困難)こういった例外もあるので、きちんと確認を取らないといけません。
重さの負担だけを考えるのではなく、水漏れの対策も非常に大事ですので、全ての面で安心した設置工事をしてくれる業者を選ぶもの大事になってきます。
見積もりの際に現地調査が入るので、そこまで心配ではないですが、建物の築年数が40年を超える場合でのソーラーパネル設置に関しては、きっちり調べてくれる業者を選ぶ事が重要ですし、信用出来る業者であれば屋根点検もしっかり見てくれるので、補強や修理があればソーラーパネル設置前に済ませておく事が必然です。
http://taiyokohatudenhikaku.com/

Copyright(C)2013 良いこと尽くしの太陽光発電 All Rights Reserved.